<< September 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Search
Tags
Archives
Link
 
国立公園がLEDで照明改修、光害削減-アメリカ
2010.05.16 National Parks Traveler
 テキサス州のビッグベンド(Big Bend)国立公園は美しい夜空で知られていたが、公園中心部の照明改修により、さらに暗い夜空が楽しめるようになった。同公園は、屋外照明の大規模改修計画の真っ最中。同計画は、光害を削減し、エネルギー消費を減らし、安全でより良い照明環境を作ることを目的としている。
 2009年6月に完了した第1段階では、ビジターセンターとガソリンスタンドの照明を改修した。今回の第2段階では、宿泊エリア、レストラン、アンフィシアターなどを含む中心部が対象となった。計画は今後さらに第4段階まで続く。
 今回の改修では、建物や歩道の屋外照明が、LEDに交換された。それらは既設のインフラに適合し、風景に溶け込み、覆いをつけて必要な水平面だけを照らすようデザインされたものである。これまでの60W型白熱電球や蛍光灯の代わりに、1W未満のLEDが使用された。98%のエネルギー削減・CO2削減となる。交換した部分の照明の電気代も、年間3,292ドルから164ドルに削減されると見込まれている。歩道は十分安全な照度が保たれている一方、数フィート外れると懐中電灯が必要な暗さである。
 ビッグベンドは国内でも有数の暗い夜空を保っているが、皮肉なことに最大の光汚染源は公園の施設それ自体である。公園中心部から見える夜空は今回の改修で改善された。ビッグベンドの北に位置するマクドナルド天文台は、かなり以前からビッグベンドからの光漏れに対策を講じてきた。

http://www.nationalparkstraveler.com/2010/05/its-darker-big-bend-national-park-thanks-light-reduction-project-chisos-basin5855
(改修前後の比較の写真あり)
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit