<< September 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Search
Tags
Archives
Link
 
人工光の体内時計への影響
2013.8.1 BBC
Carry on camping - can a week under canvas reset our body clocks?

 現代のライフスタイルは、人工光の過剰と太陽光(を浴びること)の不足で睡眠トラブルが引き起こされやすいと言われている。このたびCurrent Biology誌に発表された研究では、1週間のキャンプ生活で、体内時計は日の出日没に合った正常なリズムに戻ることが報告された。
 地球上の全ての生物は、日の出日没に合わせた生体リズムを進化させてきたが、1930年代の電灯の急速な普及以降、そのリズムは影響を受けてきた。
 今回の研究ではまず、被験者の通常の生活を調べ、体内時計が2時間遅れていることを見出した。通常では起きてすぐ下がるはずのメラトニンレベルが、起床後数時間は高いままであり、自然のリズムとずれていることがわかった。
 次に8人の被験者はコロラドで1週間のキャンプ生活を送った。電子機器の使用は禁止され、キャンプファイヤーの火だけが、夜間の光源だった。その結果、全員の体内時計は早まり、日の出日没に合ったリズムに戻った。メラトニン分泌のリズムも正常に戻った。トータルの睡眠時間に変化はなかった。
 研究者曰く「夜間は、家の中の人工光を減らすべきである。電子機器の画面を暗く調節する。携帯電話の画面でさえ、体内時計を遅らせる。」

http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-23530408
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit