<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
Search
Tags
Archives
Link
 
英国王立委員会による光害レポート
2009.11.27 Telegraph.co.uk
英国王立環境汚染委員会が、光害に関するレポートをまとめた。その中では、屋外照明に関する次のような提言が述べられている。
・誤った場所に、また誤った時間に、照明を点灯することは、犯罪を誘発し、道路の安全性に何らメリットはなく、生活の質を下げるものである。
・高速道路(ジャンクションを除く)、都市部の多くの公園からは、照明を撤去すべきである。
・都市中心部の照明は光量を落とし、グレアを減らすべきである。
・人工光が植物・動物などの生態系や人間自身に悪影響を及ぼしている、ということを示唆する証拠がある。
・政府は、質の悪い照明は自然環境を破壊する汚染源であることを、早急に認識すべきである。

http://www.telegraph.co.uk/earth/earthnews/6670550/Less-can-be-more-when-it-comes-to-street-lighting-claims-report.html

(2009.12.16追記)
同レポートに関するプレスリリースを翻訳したものを、「光害の基礎と対策」のページに掲載しましたので、ぜひご覧ください。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit