<< January 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Search
Tags
Archives
Link
 
街灯の縮減をめぐり、住民が対立-イギリス
2010.1.4 Norwich Evening News
イギリス・ノーフォーク州で、深夜12時から午前5時の間、人通りの少ない通りの街灯27,000灯を消灯し、電気代とCO2排出量を削減する計画が出されたが、住民の間で意見が対立している。州は、通り毎に消灯する候補地をリストアップし、公開した。
賛成派のある住民は、「気候変動が話題となっている昨今、国中でこのようなプランを実行すれば、大きなCO2削減効果がある。コストの削減にもなるし、すでに同様の試みを行った地域でも、犯罪の増加は見られていない。」と述べる。
また別の賛成派は、「素晴らしいニュースだ、星がきれいに見えるようになるし、浪費も削減される。街灯があるのはいいことだけど、今ほどの明るさ、窓からの光で読書ができるほどの明るさは必要ないと思う。12~5時だけ消すのではなく、常に90%の削減くらいをしてほしい。」
反対派の住民は、犯罪の増加を懸念している。「街灯の削減は犯罪を助長し、人々が散歩に出たがらなくなる。交通の安全性にも関わるし、時代に逆行している。」
また別の反対派は、「時代に逆行する案にぎょっとした。ある通りでは、おそらく街灯が少ないことが原因で、バンダリズムが多発している。街灯が減ると、バンダリズム、泥棒、事故が増えるだろう。」
ノーフォーク州は、45,000ある街灯で年間2百万ポンドの電気代がかかっている。そのうち27,000灯をタイマー付きのものと交換する計画。交換には3年間で274,000ポンドかかり、その後は年間167,000ポンドが節約される計算。

http://www.eveningnews24.co.uk/content/eveningnews24/norwich-news/story.aspx?brand=ENOnline&category=News&tBrand=ENOnline&tCategory=news&itemid=NOED03%20Jan%202010%2017%3A48%3A35%3A500
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit