<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Search
Tags
Archives
Link
 
街灯を減らす3年計画がスタート―イギリス
2012.9.19 This is Devon
Lights out as county starts three-year trial

 イギリス・Somerset州で、街灯を減らす3年計画がスタートすることとなった。45,000ある街灯のうち、一部は撤去、一部は夜間減灯または消灯される。光害の削減とエネルギーの節約が目的。
 3年間で、123,000ポンドのエネルギー代と8,300ポンドのカーボン税が節約できる見込み。すでに14の教区の議会が関心を示しており、警察はそれらの地域で安全性や防犯面の問題はないとみている。

http://www.thisisdevon.co.uk/Lights-county-starts-year-trial/story-16934291-detail/story.html
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
ランプに集まり、犠牲になる昆虫達
2012.9.10 EPOD, NASA
Earth Science Picture of the Day: Bug Flights at Night

 ハンガリーで夏の夜に撮影された、ランプに集まる虫達(主に蛾)の写真。露出10秒。
 多くの昆虫は、夜間に方向を知るのに光(自然界では月)を使っている。ランプに吸い寄せられた虫は、熱いランプに接触したり、一晩中周りを飛び回って力尽きたり、捕食動物に捕食されたりして、命を落とす。ある推計によると、ドイツのキール(人口24万人、街灯2万灯)だけで、年間3億6千万匹の昆虫が、街灯によって犠牲になっている。

http://epod.usra.edu/blog/2012/09/bug-flights-at-night.html

 単純に割り算すると、街灯1灯あたり50匹/日ですね。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
ベルリンの街明かり、超高解像度写真
2012.9.10 NBCNEWS.com
Berlin photo highest resolution image of a city taken at night

 ベルリンの街明かりを上空3kmから撮影した、超高解像度の写真。1ピクセルが1平方メートル。2010年9月撮影。上方に漏れている光の分布を調べ、光害を測定する。
 全体の3分の1以上の光が、ストリートから発しており、自動車のヘッドライト・街灯・広告灯などである。一方で面積の3分の1を占める自然の状態の領域からは、全体の6%の光しか無かった。

http://www.msnbc.msn.com/id/48975393/ns/technology_and_science-science/#

 画像はこちらからダウンロード可能

http://www.fu-berlin.de/en/presse/informationen/fup/2012/fup_12_252/index.html
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
ビーチ近くの観覧車、ウミガメに配慮した電飾に変更-アメリカ
2012.9.20 pnj.com
Sea turtle survival: Pensacola Beach wheel goes red

 フロリダ州・ペンサコーラ(Pensacola)ビーチの観覧車が、装飾用の白色LEDを赤色に変えた。ウミガメの産卵シーズンに合わせ、ウミガメの赤ちゃんに影響が少ない色に変えられた。今後、赤や黄やオレンジなど色を変化させ、最も影響が少ない色を調べる。
 このビーチではウミガメへの光害を抑える条例は無いが、環境団体からの依頼に、観覧車のオーナーが自発的に同意したものである。観覧車の最も明るい照明を夜10時までに消灯することも同意された。

http://www.pnj.com/article/20120921/NEWS09/309210020/Sea-turtle-survival-Pensacola-Beach-wheel-goes-red

 ウミガメの赤ちゃんは、人工光に深刻な影響を受けています。右上の検索窓で「ウミガメ」を検索してください。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
高速道路の一部を永久に消灯-イギリス
2012.8.28 itv NEWS
Is driving in the darkness the future?

 イギリスの高速道路M1のうち、13マイルの区間が恒久的に消灯されることとなった。CO2削減と光害削減のためであり、安全性に問題がないことが確認されたことを受けてのものである。ジャンクションは消灯されない。
 高速道路管理局曰く「この計画がうまくいくことを確信している。全ての高速道路照明を消そうというのではなく、照明をなくす場所を慎重に選んでいる。節約された資金を、他の場所の安全性を高めるために使用できる。」「この計画により、CO2削減量は年間1,094トン。夜空への光害も削減できる。」

http://www.itv.com/news/central/2012-08-28/is-driving-in-the-darkness-the-future/

 イギリスでは、高速道路での消灯の動きが広がっています。過去の記事は、右上の検索窓で「高速道路」を検索してください。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit