<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Search
Tags
Archives
Link
 
皇居外苑をライトアップ計画、生態系への影響を懸念する声も
2015.7.6 産経新聞
皇居外苑をライトアップ 政府が来年度実施に向け検討 訪日客を呼び込み

 環境省が、皇居外苑のライトアップを計画。外国人観光客の呼び込み、大規模災害時の避難場所としての安全性の向上が目的。
 一方、ヘイケボタルやヒカリゴケへの影響も懸念され、環境省の担当者は「美観や静けさを壊さないライトアップの仕方を検討したい」と述べた。

http://www.sankei.com/life/news/150706/lif1507060007-n1.html

今後東京オリンピックに向けて、都内各地でライトアップ計画が持ち上がるかも知れません。
本計画は、環境省が中心となって行う以上、他の計画の手本となるような、光害にも十分に配慮したライトアップ計画(深夜消灯、自然区域や夜空への光漏れの抑制など)になることを期待します。

「避難場所としての安全性」については、災害が起きた時点で十分な明るさが得られるシステムが採用されることを望みます。平常時から不必要な明るさを使用することは、エネルギーの浪費にも繋がります。

(関連記事)環境省が皇居外苑ライトアップを検討
http://hikarigai.net/mediablog/?eid=376
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
ヤンキースタジアムに韓国製LEDを導入
2015.7.6 東亜日報
ヤンキーススタジアムに韓国製LED

ヤンキースタジアムの照明に、来年から韓国LEDメーカー・KMWのLEDが設置される。同社のLED照明は、今年4月にマリナーズのホーム球場セーフコフィールドにも導入。他にも世界10あまりのスポーツ競技場に設置されている。

http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2015070688348

(関連記事)横浜スタジアムのLED照明がまぶしすぎる?
http://hikarigai.net/mediablog/?eid=375

(関連記事)プロ野球場で初の全面LED化
http://hikarigai.net/mediablog/?eid=370
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
明るさ感に基づいた光環境制御システムで省エネを実現
2015.6.8 ケンプラッツ
「明るさ感」で照明制御し電力6割カット

 オフィス照明に光環境制御システムを導入し、晴れた日の昼間であれば、一般照明と比べ消費電力を63%削減できることを確認した。
 東京工業大学などが開発したシステムで、照度でなく輝度をベースとした「明るさ感」により、十分な明るさ感を保ったまま省エネが実現。輝度カメラの画像を元に、照明やブラインドの傾きまで制御する。

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20150605/702472/
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
イネへの光害を防ぐLED照明(動画)
2015.6.7 岩崎電気
光害阻止LED照明器具「レディオック ルミーネ」 - 岩崎電気

https://www.youtube.com/watch?v=Lk0-A2isBsU

関連記事

http://hikarigai.net/mediablog/?eid=359
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
ニューヨークの夜景を「暗くする」条例を提案-アメリカ
2015.5.16 ABC News
Proposal Seeks to Dim NYC Skyline at Night to Save Energy

 ニューヨーク市議会議員Donovan Richards Jr. 氏が、高層ビルのオフィスの照明を深夜消灯することを求めた条例を提案した。エネルギー削減と渡り鳥の被害を減らすことが目的である。これによって、ニューヨーカー達は星を楽しめるようになるかもしれない。
 ある調査によると、71%のニューヨーク市民がこのアイデアに賛同した。しかし、一部の市民は減灯により安全性が損なわれることや活気が失われることを懸念している。
 案では、20階以上のビルにおいて、深夜0時以降誰もいない場合は消灯することを求めている。現在のマンハッタンでは、誰もいないビルでも全てのフロアが点灯しているのは、よくある光景である。
 Richards氏は、この案を昨年パリに旅行した際に思いついた。パリではオフィスやショップの深夜消灯が数年前より義務付けられている。パリができるならニューヨークもできるはずだ、と考えたのだ。
 高層ビルの明かりは渡り鳥が方向感覚を失う原因となることも知られており、この案は鳥を救うことにもなるという。先月には、ニューヨーク州のAndrew Cuomo 知事が、渡り鳥のシーズンには州の建物の不要な照明を23時以降消すことを宣言している。

http://abcnews.go.com/US/wireStory/proposal-seeks-dim-nyc-skyline-night-save-energy-31091706

関連記事
http://hikarigai.net/mediablog/?eid=366
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit