<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Search
Tags
Archives
Link
 
人工光による深刻な影響の真実
2010.4 eHow
 都市部に住む人々にとって、「数えきれない星に覆われた夜空」は誇張に聞こえるかもしれない。光害によって、一部の都市では夜空が常に薄明かりに覆われている。光害なんて特に「害」ではない、と考えるかもしれないが、科学者たちは真の闇を失うことは深刻な結果をもたらす、と警告している。
1. 宇宙への関心の低下: 1994年、ロサンゼルス大地震で街が停電になったとき、多くの住民が緊急センターに「奇妙な、巨大な銀色の雲が見える」と連絡してきた。それは、彼らが初めて見た天の川だった。世界人口の10分の1、EUの人々の6分の1、アメリカ人の3分の2が、天体望遠鏡なしで天の川を見ることができない。
2. 視覚への影響: 人工光に多用されている青色光は、他の色よりも目を疲れさせる。青色光は屈折しやすく、物体のまわりにぼんやりと光の雲を作り、焦点を合いづらくする。また青色光の散乱されやすい性質は、夜間の視界を悪化させる(特にお年寄りに対して顕著である)。運転中に視界に入る明るい光はグレアを発生させ、色やコントラストをわかりづらくし、特に高齢ドライバーを危険に陥れている。
3. 体内時計: 自然の明暗による概日リズム(サーカディアンリズム)は、メラトニンの生成、脳波のパターン、細胞制御などに影響を与える。メラトニンは、人体の多くの周期的活動をつかさどっているホルモンであるが、光によってその生成が抑制される。青色光は特にその効果が大きい。睡眠のリズムも人工光の明るさによって乱される可能性があり、睡眠不足はストレス、肥満、うつ、糖尿病をも引き起こす。
4. 野生生物: 夜行性動物は、昼行性である人間の作りだした光環境に最も苦しめられている。渡り鳥は人工光によって困惑し、毎年数百万羽が夜間に光っているビルに激突して死んでいる。たくさんのウミガメの赤ちゃんが、海岸の人工光に惑わされ海ではなく陸のほうに歩みを進めていき、命を落としている。コウモリ、カエル、サンショウウオ、ホタル、その他たくさんの生物が、人工光に苦しめられている。
5. 解決法: IDAは、各家庭の照明の使用法をよく見直すことを勧めている。不要な光は消し、光が必要な場合は覆いをつけることで、光害削減に貢献できる。青色の光よりも、赤色のフィルターの付いた光や、オレンジ色の光を使用する。もし環境への重大なインパクトに関心があれば、光害の啓蒙活動に参加しよう。

http://www.ehow.co.uk/about_6322672_artificial-night-sky-brightness.html
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
シアトルでLED街灯の試行-アメリカ
2010.4.19 Seattle Times
 米国エネルギー省は、LED街灯の試行を行う都市に、シアトルを選んだと発表した。20万ドルが与えられ、LED照明の最善の使用法を探る。シアトルは、今年5000灯、今後5年間で4万灯のLED街灯を導入する計画である。

http://seattletimes.nwsource.com/html/localnews/2011649632_apwaledstreetlights.html?syndication=rss
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
光害対策に、夜空保護区の設立を
2010.4.26 EcoLocalizer
 街に光があふれ、星空が失われつつある。我々にできることはあるだろうか。
 Dark sky preserves(暗い夜空の保護区)の設立が、一つの方法である。1993年、ミシガン州はハドソン湖レクリエーションエリアを試験的に夜空保護区とする条例を出した。この条例では、星空を見る、夜景を撮影する、野生生物を撮影するなどの夜間の活動が保護され、屋外照明は正当な理由なくこれらの活動を邪魔してはならない、と定めた。必要な照明も、下方を向け、覆いをつけ、効果的な場合は人感センサーを付けなければならない。公園利用者も、使用する照明は控えめに、車のヘッドライトはロービームにすることが求められている。ミシガン州のこの条例は比較的緩やかなものだ。
 パークス・カナダ(政府機関)は、2009年にグラスランド国立公園(Grasslands National Park)を夜空保護区に指定し、人工光からの「サンクチュアリ(聖域)」とした。夜行性動物や星空観察者にとって素晴らしい場所となる。

http://ecolocalizer.com/2010/04/26/are-dark-sky-preserves-an-answer-to-light-pollution/
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
光害に関する意識調査-イギリス
2010.4.15 BBC News
 英国田園保護協議会と英国天文協会がおこなった調査で、1745人の英国民のうち83%が、明るい街灯やネオンサインの影響を受けている、と答えた。また、50%が睡眠を邪魔されていると答えた。コメントには、悲しみ・失望から不満・怒りまで様々な声が寄せられた。
 ここ数年、光害削減へ向けた努力がなされているが、自治体・産業界・家主らはさらなる努力が必要である。長期的な解決へ向けて、計画ガイダンスの必要性も指摘されている。
 イギリスでは、1993年から2000年の間に光害は25%増加し、光害で星が見えなくなった夜空は7%増加した。自治体が街灯に払っている電気代は毎年5億3200万ポンド、自治体によるCO2排出の5~10%を占める。「光害は無駄な浪費であり、夜空の自然の美しさを損なわせる。人々が怒るものもっともだ。何も行動しなかった場合の代償は明らかだ。不必要に高い電気代が自治体すなわち納税者に課せられ、多くのCO2が排出され、人々の睡眠が乱され、野生生物が困惑し、壮大な天の川が失われる。」

http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/8621302.stm
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
明るすぎる街灯は犯罪を増加させる可能性-カナダ
2010.4.21 Edmonton Journal
 エドモントンの町を非常に明るく照らしている街灯の光は、安全性を高めるのにほとんど役立っておらず、むしろ犯罪を助長している、とダークスカイ活動家は言う。「街灯を増やしたり、ワット数を上げることは、エネルギー消費を増やし夜空を明るくしているだけだ。明るさを増せばより安全になる、というのは誤解である。明るさを増せば犯罪が増えるという調査結果もある。」実際、路地に照明を設置した結果、犯罪が21%増加した、という実例も示された。このことは、光が犯罪を引き起こしたと言えるわけではないが、少なくとも光が安全性の向上に役立っていないことを示している、という。
 この意見は、市が光害削減のためLED照明を導入しよう、という議論の中で述べられた。他の削減方法としては、光を弱めること、人感センサーを取り付けること、完全に消灯すること、などが提案された。
 エドモントンには67,000灯の街灯があり、年間6,800万kWhの電力量を消費している。比較として、カルガリーでは78,000灯で8,000万kWhである。
 市はすでにいくつかのLEDの試行を進めている。LEDにより消費エネルギーは64%削減でき、メンテナンスもはるかに少なくすみ、費用が抑えられる。しかしLED交換費用が相殺されるのには12年かかる。

http://www.edmontonjournal.com/news/Well+city+streets+increase+crime+group+says/2932901/story.html

同様の記事
2010.4.20 Edmonton Sun
http://www.edmontonsun.com/news/edmonton/2010/04/20/13654256.html
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit