<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Search
Tags
Archives
Link
 
横浜スタジアムのLED照明がまぶしすぎる?
2015.3.26 スポニチアネックス
ハマスタLED照明まぶしすぎ?筒香「思った以上 慣れないと」

今季から照明がLEDに切り替わった横浜スタジアムで、選手がまぶしさに戸惑っている。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/03/26/kiji/K20150326010052950.html

(関連記事)プロ野球場で初の全面LED化
http://hikarigai.net/mediablog/?eid=370

福岡ドームも今季からLEDに切り替わっています。
スポーツ施設はまぶしさがプレーに深刻な影響を与えますので、もちろん設置メーカーが十分な配慮をしているはずです。

しかし、街中に増えているLED街灯やLED看板などは、輝度の高い発光面が直接見えているものも多く、まぶしさを感じている方も多いと思います。LEDは省エネに役立ちますが、光の向き・色・輝度などに十分に配慮しないと、逆に環境に悪影響を与える結果になりかねません。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
明かりのない歩道で事故
2015.3.24 朝日新聞
夜道の真ん中にご注意 藤沢の慶応大前、歩いて大けが

街灯のない歩道の真ん中にポールが立っている場所で、歩行者がポールにぶつかり大けがをする事故があった。この場所は、以前歩道近くに農家があり、照明の作物への影響が懸念されたため、街灯が作られなかった。現在は周辺の様子は変わっているが、これまで街灯の要望はなかった。事故を受け、街灯の設置を検討している。

http://digital.asahi.com/articles/ASH3F5K8JH3FULOB01B.html

最初の段階で、作物への影響をできるだけ少なくする工夫(光漏れの抑制、スペクトルの考慮、深夜減灯など)をしつつ、歩道に適切な明るさを確保することの検討が足りなかったのだと思います。
光害抑制型(特定方向への光漏れを防ぐ)の照明器具のほか、最近では農作物への影響の小さいランプなども市販されています。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
小学6年生の光害調査、サイエンスフェアで入賞-アメリカ
2015.2.27 The Seminole Tribune
Sixth-grader Valholly Frank stars at Sagemont school science fair

 Weston(フロリダ州)のSagemont Upper Schoolで開かれたサイエンスフェアで、小学6年生の行った光害調査が一等賞を受賞した。「多くの人がまだ知らない、重要なテーマなので、このテーマを選びました。」
 彼女はSky Quality Meterを使って15ヶ所で夜空の明るさを調べ、最も暗い場所・明るい場所を明らかにした。光害の生態系への影響についても語っており、「将来は生物学者になりたい」という。

http://seminoletribune.org/sixth-grader-valholly-frank-stars-at-sagemont-school-science-fair/
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
町田・相模原でライトダウンキャンペーン
2015.2.18 読売新聞
震災の日 明かり消し夜空を

 町田市と相模原市で、東日本大震災から4年となる2015年3月11日、ライトダウンキャンペーンが行われる。震災を思い起こし、エネルギー問題や東北の復興に思いを巡らすために、2013年より実施している。午後6~8時に、庁舎、他の公共機関や協力企業、市中心部のイルミネーションなどが消灯される。

http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20150217-OYTNT50367.html

(2015.3.7追記)相模原市の告知ページ
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kankyo/030567.html
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
放流したサケを守るため、橋を消灯-アメリカ
2015.2.4 KRCR News
Sundial Bridge goes dark for fish release

 サクラメント川で、サケの放流が行われた。サケが無事に海洋に出て、その一部が数年後に川に戻ってくることは、地元の漁業にとって非常に重要である。
 サケを守る一環として、レディング(Redding) にあるサンディアル橋(Sundial Bridge) が消灯されることになった。カリフォルニア州魚類野生生物局曰く、「橋の照明があると、サケが困惑してその場でストップしてしまう。ちょうど高速道路を走るドライバーが、突然のまぶしい光があると困惑して車を止めるように。」
 橋の消灯は、今後数日間行われる。

http://www.krcrtv.com/news/local/sundial-bridge-goes-dark-for-fish-release/31101276

以前、この橋の照明が遡上するサケに影響を与えている可能性を指摘する記事がありました。

http://hikarigai.net/mediablog/?eid=321
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit