<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Search
Tags
Archives
Link
 
州内の街灯の3分の2を深夜消灯する計画-イギリス
2011.09.26 BBC News
Shropshire street lights could be switched off

 イギリス・シュロプシャー(Shropshire)州で、電気代とCO2排出の削減のため、街灯の3分の2を24:00から5:30まで消灯する計画が話し合われている。18,500基ある街灯のための電気代は、電気料金の上昇により、2010年の75万ポンドから今年は83万ポンドに増加する見込み。消灯により、16.2万ポンドと光害が削減される。自動消灯タイプの街灯への取り換えには、向こう4年間に毎年10万ポンドかかる。計画には警察も協力し、犯罪増加や交通の安全性に懸念があるエリアは消灯されない。

http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-shropshire-15061816
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
人工光が鳥類に与える影響
2011.9.21 IBN Live
Artificial lights scare away birds from city

 公害は騒音や大気汚染だけではない。近年「光害」が野鳥や野生動物たちの生態リズムに影響を与えているらしい。専門家曰く「都市部では、鳥が命を落とす最大の要因は光害だ。夜行性の鳥たちは、街明かりに誘引されてしまう。夕暮れ時にえさを探す際は、人工光の少ない郊外に向かう。明るさのリズムの変化についていけないのだ。」「カラス、マイナ、コウモリなどの鳥も、人工光によって生活のリズムを狂わされている。いくつかの地域では、鳥の個体数が減少している。」都市部の愛鳥家曰く「街明かりのために、夜にも鳥のさえずりを聞くようになった。」

http://ibnlive.in.com/news/artificial-lights-scare-away-birds-from-city/186046-60-119.html
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
少女による光害調査が、国際ポスターコンペで最優秀賞を獲得-カナダ
2011.9.21 The Daily Gleaner
Two local Grade 9 students win international poster competition

 国際統計リテラシープロジェクトが主催するポスターコンペティション2010-2011、テーマは「環境」。15歳以下の部門でカナダ出身の少女2名が製作した光害調査のポスターが最優秀賞を獲得。17ヶ国5000人の参加者の中から選ばれた。

http://dailygleaner.canadaeast.com/entertainment/article/1441649

受賞作品
http://www.statcan.gc.ca/edu/pdf/edu01_0014d.pdf

ポスターコンペティションのウェブサイト
http://www.stat.auckland.ac.nz/~iase/islp/competition-second
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
光害削減活動貢献賞を設立-イギリス
2011.9.20 BBC
Isle of Man astronomical award to help cut light pollution

 イギリス・マン島で、光害削減に貢献した団体・個人に贈られる賞が新設された。マン島天文学会が今後12か月間ノミネートを受け付け、2012年に授与される。「我々は照明を否定しているのではない、質の悪い照明を否定しているのだ。この賞は、必要ない場所まで照らす、過剰で非効率な照明を減らし、マン島の美しい夜空を取り戻すことが目的だ」

http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-isle-of-man-14986864
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
明るさセンサー内蔵、直管型LEDランプを発売
2011.9.16 家電Watch
アイリスオーヤマ、外が明るいと自動で節電する直管形LEDランプ

 直管型LEDランプにセンサーを備え、自動で明るさを調節。発光効率も向上させ、従来の蛍光灯と比べ年68.4%、従来のLEDランプと比べても46.3%の消費電力量削減を達成。
 本製品は、同社の開発担当者が、東日本大震災で電気が使えなくなった際、震災前は日中でも照明をつけっ放しだったことに気づきいたことから開発された。

http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20110916_477727.html
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit