<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Search
Tags
Archives
Link
 
ニューヨーク 9.11 追悼の光に集まる渡り鳥
2018.8.30 All About Birds
The 9/11 Tribute in Light Is Helping Us Learn About Bird Migration

 ニューヨークで、2002年以降毎年9.11に行われている「追悼の光」。晴れていれば、60マイル(97km)先から見える。数千羽の鳥たちが、引き寄せられている。点灯前、技術スタッフ・犠牲者の遺族・救助隊らが集まる一方で、鳥の救済活動をするオーデュボン協会のスタッフも集まっている。北米で天頂に向けてこれほど強い光が使われるのは、他にラスベガスのLuxor Sky Beamしかない。
 救助隊らは23時ごろ帰宅するが、追悼の光は一晩中点灯される。ニューヨークの位置では、天候が良ければ9月中旬ならば数百万羽の渡り鳥が一晩中上空を通過している。
 オーデュボン協会はニューヨーク市と当初より協議を続け、2007年からは (1)1羽以上の鳥が地面に当たり死んだ時 (2) 鳥たちが光の低い位置でトラップされた時 (3) 20分間以上、1000羽以上の鳥がビームの中にいた時、光を20分間消灯することを提案した。2008-2016年の間の7年間で、光は22回消灯され、消灯の際には鳥は数分で解放された。レーダーによる解析の結果、この7年間で約110万羽の鳥が影響を受けたと推測された。
(Just past midnightから未読)

https://www.allaboutbirds.org/9-11-tribute-in-light-birds-night-migration/
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
世界的照明デザイナー石井幹子氏のインタビュー
2018.2.21 EICネット
照明デザイナー・石井幹子さんが語る、人にも環境にも適した照明デザイン

後半部分で、夜間照明の野生生物への影響の配慮、人体への影響の配慮にも言及されている。

http://www.eic.or.jp/library/challenger/ca180221-1.html
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
チリでも光害が拡大ーLED普及が原因か
2018.2.19 AFPBB News
「天体観測の天国」チリ、光害の脅威が増大

 天体観測の重要な拠点である南米チリで、LED照明の普及により夜空の明るさが増し、研究に支障が出ることが懸念されている。チリ政府はこの問題を深刻に捉えており、「Office for the Protection of Quality of the Sky」を設置して対策を進めている。

http://www.afpbb.com/articles/-/3163024

記事中、『安価なLED照明の使用が拡大しており...』『白色系の光が増えていることもあり...』の部分は、日本の状況も同様だと言えると思います。
また、『都市上空の光は半径150キロ圏内の観測所からも容易に見ることができるという』とのことから、東京都心レベルの明るさであれば、影響は一体何百kmに及ぶのか、想像がつきません。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
鳥取県・星空条例が成立
2017.12.22 日本海新聞
「星空条例」が成立 4月施行、光害規制や環境教育

 「県星空保全条例」が鳥取県議会で可決。都道府県レベルでの星空保護に特化した条例制定は全国初。2018年4月1日施行。
 県内全域では投光器・サーチライトを規制。「星空保全地域」では屋外照明に基準を策定。違反者に対する過料も。

http://www.nnn.co.jp/news/171222/20171222003.html


同様の記事
2017.12.21 産経新聞
星空保全条例を制定、県レベル特化型初、鳥取…来年4月施行へ
http://www.sankei.com/west/news/171221/wst1712210049-n1.html

関連記事
http://hikarigai.net/mediablog/?eid=404

http://hikarigai.net/mediablog/?eid=403
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
光害の影響を受けた地域が年2%の割合で増加、衛星画像解析で判明
2017.11.23 朝日新聞
過剰な光は「光害」、安眠に影響?照らされた地域年々増

 夜に人工照明により照らされている地域が、世界全体で年2%の割合で増加している。人工衛星からの夜の画像データ(2012~16)を解析した。サイエンス・アドバンシズ誌に論文が掲載された。著者らは、LED照明の普及による「リバウンド効果」で光害が拡大する可能性を指摘。

http://www.asahi.com/articles/ASKCN6JJ0KCNULBJ00R.html

同様の記事
2017.11.23 AFP通信
省エネLED、世界の光害拡大に拍車 研究
http://www.afpbb.com/articles/-/3152655

2017.11.24 CNN.co.jp
世界の「光害」、急激に悪化 LEDの普及が一因に
https://www.cnn.co.jp/fringe/35110908.html

2017.11.24 BBC
人工照明の「光害」 あちこちで夜が消えつつある
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-42105751
その動画
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51699


元論文
Science Advances
Artificially lit surface of Earth at night increasing in radiance and extent
http://advances.sciencemag.org/content/3/11/e1701528
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit