<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Search
Tags
Archives
Link
 
ワシントンD.C.の光害(光害と大気汚染)―アメリカ
2011.2.4 WAMU 88.5 FM
(IDAトップのBob Parks氏らとのインタビュー、ラジオ音声を聞くことができます。)
 ワシントンD.C.中心部からは、晴れた夜でも数個の星しか見えない。IDAは22年前から「照明は必要な場所に、必要な時間にだけ点灯する」というルールを唱えてきたが、ワシントンはそれに従っていない。光害がひどい理由の一つは、古典的デザインの街灯を使っており、光が上方に漏れているためである。そしてそれは照明効率が悪いため、街灯の間隔が6m以上離れている所がない。これはエネルギーと電気代の浪費である。光害はまた、睡眠障害、交通事故、さらには鳥のビルへの激突死までも引き起こすことが知られている。2009年、D.C.市議会は環境省に光害の調査を依頼したが、環境省はそれを実施せず、議会もそれ以上求めなかった。
 しかし、Parks氏は、ワシントンはすぐにこの問題に取り組み始めると考えている。最近ある重要な科学的発見があったからだ。都市の上空数百メートル付近には、夜間しか存在しない物質、NO3分子がある。NO3は大気汚染物質を分解するという良い役割があるが、街からの光があるとNO3が分解され、その作用が弱まってしまう。D.C.上空ではおよそ7%のNO3が分解されてしまい、大気汚染が悪化する。さらに分解されたNO3の一部が翌朝までに新たな汚染物質オゾンとなる。この街にはもうスモッグの増加が許容できる余地はない。

http://wamu.org/programs/mc/11/02/04.php
(3つ目、(Not Quite) Seeing Stars: Light Pollution In D.C.のタイトルの記事)
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
視細胞と青色光の人体への影響
2011.2.24 すごもり
 錐体・桿体に加え、第3の視細胞として光感受性網膜神経節細胞(ipRGC)が認知されるようになってきた。ipRGCは青色光に最も敏感であり、青色成分の多いLED照明などでは、概日リズムへの影響などの弊害が生じる可能性がある。まだ解明されていない部分も多い。

http://www.su-gomori.com/2011/02/blue-light.html
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
LED照明、利用法に課題
2011.2.14 マイコミジャーナル
 LED照明に関するパネルディスカッションにおいて、照明の専門家から
「昼間でも照明が使われているオフィスや店舗においては、照明をカットすることも重要」(石井幹子氏)
「日本の照明器具の効率はヨーロッパよりも2割高いが、使用量は4割多い」(武内徹二氏)
「LEDは半導体のため、これまで照明を作ったことがないメーカーも作るようになってきた。普及のためには、もう少し作る人、売る人、使う人が、照明を勉強する必要がある」(大谷義彦氏)
「LEDは色の微調整ができる。緑は植物の成長を抑制し、赤は植物の育成に適しているなど、対象によって、自然環境に合わせた利用ができる。そういう知識なくLEDを使っていくと、恐ろしいことになる」(石井氏)
などの課題提起があった。

http://journal.mycom.co.jp/articles/2011/02/14/led/
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
オフィスで人の位置を感知し照度を制御する実験開始、消費電力50%減を目指す
2011.2.23 三菱電機プレスリリース
 無線式タグの入退室管理システムを利用し、人に位置によってオフィス照明を制御、50%の省エネ効果を目指す。照明は、ビルの消費電力の4分の1を占める。

http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2011/0223-a.html

 日本の多くのオフィスでは、天井一面に張り巡らされた蛍光灯による均質照明が多いですが、エネルギーの無駄が指摘されています。タスク&アンビエント照明の進化型として、このシステムが普及すれば、省エネ効果はかなり大きいと思います。
 このシステムを利用するユーザーは、オフィス以外の場所(家庭など)で、照明制御に対してどのような行動をするでしょうか。
(1) 無駄な照明に敏感になり、こまめに無駄な照明を消すようになる?
(2) 照明のオンオフ動作に無頓着になり、つけっ放しが多くなる?
このような心理面を研究してみるのも、おもしろいかも知れません。

 誰もいないオフィスに入り、照明を付ける際、スイッチ群を全てオンにしていませんか?必要な箇所だけを点灯することで、たくさんのエネルギーを節約できます。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
都市再生機構、住宅共用部分にLEDを大規模導入
2011.02.04 日本経済新聞
 都市再生機構は、管理する約76万戸の住宅の共用部分の照明器具約100万台を、10年間かけてLED化する。完成時、年間1万7500トンのCO2削減となる。曰く「賃貸住宅の共用部分で使うエネルギーはほとんどが電力。その半分が照明によるもの。照明の省エネ化は効果が大きい」

http://www.nikkei.com/tech/trend/article/g=96958A9C93819499E2E6E2E29F8DE2E6E2E0E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E0E7E2E6E0E2E3E2E2E0E2E0

都市再生機構プレスリリース
http://www.ur-net.go.jp/press/h22/ur2010_press_0111_URkankyoutorikumi.pdf

プレスリリースを受け、都市再生機構に以下の意見を送付し、回答をいただきましたので、紹介します。
【意見(2011.1.14)】
 1月11日付の記者発表資料において、共用照明100万台をLED化する、との計画を拝見しました。エネルギー削減効果の大きい素晴らしい計画だと思われますが、この計画では「人感センサーやタイマー・調光などの制御システムの導入」はご検討されていますでしょうか。

 ご存じのことと思いますが、深夜つけっ放しの照明は、エネルギー浪費、生態系(特に蛾・鳥)への悪影響、夜空への漏れ光など様々な光害の原因となります。一方で一般の方々が期待している「防犯効果」は、センサーを導入したほうが効果が上がるのではないでしょうか(すみません、集合住宅に関しては、きちんとした実証データがあるのかは存じません)。
 当方は光害問題の啓蒙活動を地域で展開しておりますが、問題自体の認知度がとても低い一方、はじめは暗くすることへの不安を感じる方々も、きちんと説明をすれば納得して賛同を得られる、ということを強く感じております。また、当方が参加している光害啓蒙の国際組織(国際ダークスカイ協会)では、深夜点灯しっ放しの集合住宅の照明は、典型的な「光汚染源」と挙げられることが多いように感じています。
 貴機構のような大きな組織が率先して光害対策をしていただければ、国民に対する環境啓蒙の効果も非常に大きいと期待できます。センサー・タイマー・調光制御などでできるだけ消費エネルギーを少なくすることは、LED照明の特長を生かした技術であり、今回の大規模リニューアルが導入の最適のタイミングであることを、ご提案致します。初期費用が問題になると思われますが、エネルギー削減によるペイバックタイムおよび環境面のメリットを含め、ご検討いただければ幸いです。

【回答(2011.1.19)】
環境の取組みについて、お問い合わせ頂きありがとうございます。
照明による光害につきましては、当機構も十分認識しているところであり、照明器具の選定、配置には、安全・安心な住環境の確保に加え、周辺への影響を考慮するよう努めております。
また、団地によって、深夜減光、一部消灯など、照明制御の取組みも行っておりますが、LED化に併せた制御システムの導入につきましては、初期費用等の問題も含め、課題として検討しているところでございます。
ご意見、ありがとうございました。参考とさせていただきます。
今後とも、UR都市機構をよろしくお願い致します。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit