<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Search
Tags
Archives
Link
 
東京スカイツリー、全てLEDでライトアップ
2010.3.1 家電Watch
2012年オープンの東京スカイツリーのライトアップを、パナソニック電工が手掛け、全てLEDを使用することを目指す。省エネ性をアピール。

http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20100301_352054.html

光害の観点からも十分配慮した照明にしてもらいたいです。
特にこのような高い建造物のライトアップでは、渡り鳥への影響が懸念されます。
点灯時間を必要最小限にすること、夜空への光漏れを最小限にすること、をお願いします。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
ポインセチアを咲かせるには、光の照射時間が重要
Blog: My Indoor Houseplants
ポインセチアを毎年咲かせるのに重要な手順の一つは、9月下旬以降、毎日きっかり14時間、完全な暗闇に置くこと。室内灯、街灯、その他あらゆる光は、開花を遅らせる。これを8~10週間続ければ、12月には花が咲く。

http://www.myindoorhouseplants.com/gettingapoinsettiatorebloom.php
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
球場のスコアボードによる光害
2009.12.09 Minnesota Daily
この記事の著者の近所で、ミネソタ大学が設置した新しい球場のスコアボードがたくさんの光を出すことによって、星空が見えなくなってしまった。球場に誰もいないときも、光を放っている。電気代の無駄でもあり、全く無意味なことだ。

http://74.125.153.132/search?q=cache:Yu9Fb0VeR5MJ:www.mndaily.com/2009/12/09/stadium-scoreboard-light-pollution+%22Stadium+scoreboard+light+pollution%22&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
(記事はすでに削除されたため、googleのキャッシュを貼っています)
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
街灯は犯罪を抑制する効果があるのか(コラム)
2009.12.19 Durham News
アメリカ・ノースカロライナ州のDurham市で、住民に知らされぬまま新たな街灯が次々に設置されようとしている。
このコラムの著者は何度も市に対し街灯が犯罪を抑制するという証拠(他の場所での事例など)を示してほしい、と要望したが、示されず、警察に聞いてくれと言われた。警察の返答は、そのような証拠は存在しない、というものであった。このことは、専門家の間ではすでに一致した見解である。
市は住宅街全域にわたって、たったの150フィート(約50m)おきに街灯を設置する計画である。このように高密度で街灯が必要であるという根拠を示してほしいと要望しているが、市からの返答はない。
市は、街灯が犯罪を抑制するという愚かな迷信に従って、安易に街灯を増やすべきではない。

http://www.thedurhamnews.com/viewpoints/story/200361.html
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
ISSから見た東京の夜景
2010.1.30 朝日新聞
ISSに滞在中の野口さんが、東京の夜景を撮影し、twitterに投稿した。

http://www.asahi.com/digital/internet/TKY201001290502.html

都心部の光害の現状がとてもよくわかる写真です。
twitterのコメントには、「きれい」という言葉が並んでいますが、誰も見ていない時には、このエネルギーは全て無駄になっていることを認識する必要があると思います。

なお、次のページには、もっと巧妙な方法でISSから撮影した超高解像度の画像が掲載されています。
トップページの写真は、大阪・神戸のものです。(南北が逆さになっていますが)
「Nighttime Lights from the ISS - video」の動画は素晴らしいです。

http://www.ngdc.noaa.gov/dmsp/nightsat.html
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit