<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Search
Tags
Archives
Link
 
韓国、国を挙げてLED導入を推進
2009.7.8 LED Next Stage
韓国、2015年までに各自治体や公共機関の照明の30%をLEDに切り替える目標。政府庁舎、郵便局などでも切り替え推進。
ソウル市では、モデル事業の第1段階として、保安灯と歩行灯の一部をLED化し、年間45トンのCO2と950万ウォンの電気代削減を目指す。

http://www.shopbiz.jp/ld/column/led/36751.html
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
スタバ、LED店内照明を導入
2009.11.18 LED inside
スターバックスコーヒー社は、LED店内照明を全世界の店舗に導入し、エネルギー削減を目指す。
2008年、スタバは店内の白熱電球とハロゲン電球をLEDに交換することで電気エネルギーを削減しようと検討したが、当時適切なLED照明がなかった。GE社に依頼し、高効率でスタバ店内に導入可能なLED照明が完成した。
すでにアメリカ国内1000店舗以上に導入した。2010年の終わりまでに、世界8000店舗に導入を目指している。これにより、7%のエネルギー削減が見込まれている。

http://www.ledinside.com/starbucks_20091118?refreshed
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
自転車発電でクリスマスツリーを点灯-デンマーク
2009.11.30 BBC News
COP15が行われるコペンハーゲンで、エコなクリスマスツリーが登場した。電飾にはたくさんの自転車がつながれており、誰かがこがないと電飾は消えてしまう。9トンのCO2が削減できると計算している。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/8387187.stm
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
夜間のシフト勤務でガンの危険性が増大
2009.11.17 Perth Now
一晩中勤務する人は、糖尿病や肥満になりやすいと知られているが、ある種のガンのリスクも高まることを、シドニーにある大学の研究グループが発表した。理由は十分明らかになっていないが、乳ガン、前立腺ガン、直腸ガンなどのリスクが高まる。
シフト勤務ではサーカディアンリズムが狂い、メラトニンなどのホルモンが影響を受ける。メラトニンの生成は、体が光を浴びると抑制されることが知られている。

http://www.perthnow.com.au/news/breaking-news/working-night-shifts-could-lead-to-cancer/story-e6frg13c-1225798983426
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
街灯を半減させる試み-イギリス
2009.12.1 Wokingham Times
イギリスのある町で、CO2と電気代を削減するため、街灯を一つおきに消灯する試みが行われている。警察は、住民の心配とは裏腹に、この地区で犯罪が増加した傾向は見られていない、と発表した。
1000ある街灯の半分が、24:30~5:00の間は消灯されている。緊急の場合には全て点灯させることができる回路も導入した。
この試みは6月から行われており、これまでに90の意見が寄せられており、そのおよそ3分の1が好意的なもの、残りが犯罪の増加を心配する声である。
警察の調査員は、「空き巣の大部分は、家に誰もいない日中に起こっている。現在の試行では、犯罪や事故の増加がないか、常に監視している。」と話す。

http://www.getwokingham.co.uk/news/s/2061805_streetlighting_pilot_has_not_aided_burglars

同様の記事
http://www.24dash.com/news/Local_Government/2009-11-18-Big-lights-switch-off-in-Wokingham-gets-police-backing
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit