<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Search
Tags
Archives
Link
 
スタジアム照明がコウモリの行動と地域の生態系に影響を及ぼす
2015.7.24 SCIENCE WORLD REPORT
Bats Impacted by Stadium Lighting: How Light Pollution Affects the Environment


 スタジアム照明は夜を昼に変えるが、そのことがコウモリの行動や餌取りに影響を与え、結果として地域の生態系に影響を及ぼす可能性を、研究者が指摘した。Animal Conservation誌に掲載された研究。
 スタジアム照明には無数の昆虫が集まってくるが、コウモリのうち人間や建造物を恐れない種がその利益を享受する一方で、他の種は町を避けようとする。その結果、スタジアム周辺の生態系は大きな変化が起こる可能性がある。このことは、コウモリの多様性(伝染病の流行に対して重要な要素である)も失わせることになる。

http://www.scienceworldreport.com/articles/28164/20150724/bats-impacted-stadium-lighting-light-pollution-affects-environment.htm

同様の記事
Stadium lights alter bat behavior, study says
http://m.csmonitor.com/Science/Science-Notebook/2015/0724/Stadium-lights-alter-bat-behavior-study-says
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
環境省「ライトダウンキャンペーン」への参加が激減
2015.7.5 読売新聞
「お店暗いと夜道怖い」…七夕の消灯、参加激減

 環境省が節電意識向上のために行っている「ライトダウンキャンペーン」への参加施設数が、ピーク時に比べ3分の1まで激減している。
 防犯上の理由から、コンビニやファストフード店が撤退。2010年を最後に撤退した日本マクドナルドは「郊外の店舗の周辺住民から、『お店が暗いと夜道が怖い』などと指摘を受けた」と述べた。

http://www.yomiuri.co.jp/eco/20150704-OYT1T50074.html

 『省エネ意識を高めるために、消灯を呼びかける』というわかりやすく単純化したキャンペーンの限界でしょうか...

 このキャンペーンは、光害啓発というよりは省エネ・地球環境を考えるきっかけにする、という側面が強く、光害のことは環境省のキャンペーンサイトにも全く説明されていません。光害や照明の正しい使い方の十分な説明(※)がなされれば、記事のような懸念の声が出ることもないと思うのですが、やや込み入った解説が必要となり、難しいところです。
 残念ながら現状では、照明を減らすことの意義がほとんど理解されないまま行われているように感じます。

 伝統的七夕ライトダウンやGLOBE at Nightなどのキャンペーンも行われていますが、関係各所が連携して、光害啓発をメインとした新たな取組みができたらいいな、などと漠然と考えています。

(※)「照明での消費エネルギーの削減」と「安全性・快適性・演出性のための照明の使用」は、決して真っ向から相反するものではなく、照明の適切な改善(光の量を減らしつつ、質を向上させること)により、現状よりもはるかに高い次元で両立が可能なはずです。
ここで照明の質の向上とは、光の量・方向・点灯時間・色などが目的に適っており、それ以外の無駄な光の使用が最小限に抑えられていることを意味します。

(参考サイト)環境省ライトダウンキャンペーン
https://funtoshare.env.go.jp/coolearthday/
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
皇居外苑をライトアップ計画、生態系への影響を懸念する声も
2015.7.6 産経新聞
皇居外苑をライトアップ 政府が来年度実施に向け検討 訪日客を呼び込み

 環境省が、皇居外苑のライトアップを計画。外国人観光客の呼び込み、大規模災害時の避難場所としての安全性の向上が目的。
 一方、ヘイケボタルやヒカリゴケへの影響も懸念され、環境省の担当者は「美観や静けさを壊さないライトアップの仕方を検討したい」と述べた。

http://www.sankei.com/life/news/150706/lif1507060007-n1.html

今後東京オリンピックに向けて、都内各地でライトアップ計画が持ち上がるかも知れません。
本計画は、環境省が中心となって行う以上、他の計画の手本となるような、光害にも十分に配慮したライトアップ計画(深夜消灯、自然区域や夜空への光漏れの抑制など)になることを期待します。

「避難場所としての安全性」については、災害が起きた時点で十分な明るさが得られるシステムが採用されることを望みます。平常時から不必要な明るさを使用することは、エネルギーの浪費にも繋がります。

(関連記事)環境省が皇居外苑ライトアップを検討
http://hikarigai.net/mediablog/?eid=376
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
ヤンキースタジアムに韓国製LEDを導入
2015.7.6 東亜日報
ヤンキーススタジアムに韓国製LED

ヤンキースタジアムの照明に、来年から韓国LEDメーカー・KMWのLEDが設置される。同社のLED照明は、今年4月にマリナーズのホーム球場セーフコフィールドにも導入。他にも世界10あまりのスポーツ競技場に設置されている。

http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2015070688348

(関連記事)横浜スタジアムのLED照明がまぶしすぎる?
http://hikarigai.net/mediablog/?eid=375

(関連記事)プロ野球場で初の全面LED化
http://hikarigai.net/mediablog/?eid=370
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
明るさ感に基づいた光環境制御システムで省エネを実現
2015.6.8 ケンプラッツ
「明るさ感」で照明制御し電力6割カット

 オフィス照明に光環境制御システムを導入し、晴れた日の昼間であれば、一般照明と比べ消費電力を63%削減できることを確認した。
 東京工業大学などが開発したシステムで、照度でなく輝度をベースとした「明るさ感」により、十分な明るさ感を保ったまま省エネが実現。輝度カメラの画像を元に、照明やブラインドの傾きまで制御する。

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20150605/702472/
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit