<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Search
Tags
Archives
Link
 
光害のない町への試み-アメリカ(その2)
2009.11.17 Chicago Tribune
シカゴ近郊の町Barrington Hills(高額所得者層の町、人口4000弱)で、光害防止条例の制定を巡って議論が続いている。
条例は、屋外照明の型や点灯時間に制限をつける。新しい照明の導入にお金がかかるなどとして、150人以上が反対している。
IDAはこれまで、国内で2つの都市(Flagstaff, Ariz., Borrego Springs, Calif.)を"dark sky cities"に認定しており、Barrington Hillsも認定を目指している。
条例では、照明のルーメン数、設置場所を制限する。木の枝に取り付けることや、点灯しっぱなしにすることは禁止される。玄関や階段吹き抜けは制限から除外される。屋外照明は下を向け、覆いをつけなければならない。
この町は以前は真っ暗であったが、この10年で多くのマンションが建てられ、光が溢れた。
最近、条例の説明会が開催され、IDAの専門家が光害の悪影響について講演を行ったが、一部の住民がひやかしや嘲笑を浴びせた。反対派は、講演内容は事実を捻じ曲げていると受け取ったようだ。
反対派は、庭に設置した装飾を撤去しなければならないことや、暗くなると犯罪者が身を隠しやすくなること、暗すぎると防犯カメラが役立たないこと、町がシカゴから40マイルしか離れておらず夜空が暗くなるとは思えないこと、などを懸念している。
反対意見が大きく、条例は修正が検討されている。

http://archives.chicagotribune.com/2009/nov/17/health/chi-dark-skies-17-nov17

2009.11.18に紹介した記事の続報です。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
茨城の商店街、街灯にLEDを導入
2009.12.29 読売新聞
茨城県日立市のJR常陸多賀駅前通り、約1キロの間の街灯30基85灯が、LEDに交換される。事業費は国の補助を含め約900万円。従来の水銀灯と比べ、年間12.5トンのCO2削減。

http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20091228-OYT1T01411.htm?from=navlp
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
カナダの国立公園、夜空を暗くする取り組み
2009.11.16 Fort Frances Times Online
カナダ・ケジンクジック国立公園は、大都市からの光害の影響をほとんど受けず、カナダ南部で最も暗い場所の一つである。都市からのアクセスも良いことから、カナダ天文学会はこの公園を"dark sky preserve"(夜空の保護区)に指定する準備を始めた。
同学会は公園側に、照明にすべて覆いを付けるか、新しいデザインのものに交換することにより、上方への光束をゼロとするよう薦めた。公園側は、この取り組みは人々が自然に身近に触れることができ、かつ夜行性動物に有益なものだとして、積極的である。
同学会はこれまで、6つの"dark sky preserve"を指定している。

http://fftimes.com/node/229075
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
ソウル市、光害防止条例を制定
2009.12.22 The Korea Times
ソウル市が、韓国で初となる光害防止条例を制定した。市は、外部有識者を交えた委員会を設置し、光害を抑えるための長期プランを作成する。住宅地・文化遺産近郊などが、照明規制を受けるが、明洞・東大門・汝矣島などの繁華街は、対象外となる。

http://www.koreatimes.co.kr/www/news/nation/2009/12/113_57760.html
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
街灯縮減へ向けた取り組み-アメリカ
2009.11.19 Falmouth Bulletin
アメリカの町ファルマスで、町内の街灯の30%を消灯する試行が始まった。これにより、年間5万2千ドルが削減される。町には2573灯の街灯があり、1灯あたり年間98ドルの維持費がかかっている。
対象の街灯は、今回1年間消灯される。1年後、ポールごと撤去するか、再び点灯するかが決定される。対象となっているのは、路地の途中の街灯であり、交通量の多い道路、交差点、道路の両端の街灯、私用のもの等は対象となっていない。
デニスとヤーマスの町でも、費用削減のため同様の試みを行っている。そこでは賛否両論あるが、住民の最大の心配は、安全性である。住民から要望があれば再点灯するというプロセスを確立しなければならない。
ファルマス警察はこの取り組みを支持しており、消灯により犯罪が増えたり、安全性の問題が生じることはないと考えている。
1年後、撤去してもよいと判断された街灯を印した地図をWebで公開し、住民の意見を聴取する計画である。

http://www.wickedlocal.com/capecod/news/cape_cod_news/x381219197/Falmouth-anticipates-savings-by-reducing-streetlights

permalink | comment(0) | trackback(0) | edit