<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Search
Tags
Archives
Link
 
防犯灯設置を検討している家庭へのアドバイス
2010.12.12 Lincoln Journal Star
<質問>
自宅に防犯灯を設置しようと思います。最も効率のいい方法で、かつ光害をできるだけ抑えたいのですが、ポイントを教えて下さい。

<回答>
 防犯灯を設置する前に、まず窓の錠がしっかりと厳重なものであること、ドアに耐衝撃性の安全錠を使用すること、警報装置を導入すること、が重要です。防犯灯を設置しても、泥棒がドアや窓を1分以内に開けられるようでは、意味がありません。これらの対策を行った上で、まだ周囲に不安を感じる場合に、防犯灯を検討します。
 夜間に家の周りを見回して、どこに照明が必要かを考えて下さい。隣家の防犯灯の明かりで十分なケースもよくあります。防犯灯は莫大な電気を消費するので、照明が必要な場所の優先順位を決めて下さい。たとえば150ワットの防犯灯を2つ、夜間つけっ放しにすると、年間100ドル以上の電気代がかかります。器具代や設置費用、メンテナンスも考えると、コストは相当なものになります。
 光害を抑えるために、必要最小限の明るさを使うことが重要です。明るすぎる光は、野生生物に悪影響を与えたり、隣人を悩ませる可能性があります。私の家でも、300ヤード離れた場所の防犯灯の強い光が、寝室の窓を照らしています。有効な場合には、光の方向を制限する覆いを取りつけて下さい。
 太陽光の当たる場所であれば、太陽電池と人感センサーがついたタイプを使用して下さい。電気代がかからず、簡単に設置できます。センサータイプは、防犯上も非常に有効です。
 光源には、エネルギー消費が少なく寿命も長い、コンパクト型(電球型)蛍光灯またはLEDを使用します。LEDは指向性を持つので、必要な部分だけを照らすことができ効果的です。より広い範囲を照らすには低圧ナトリウムランプが省エネに有効ですが、黄色光で器具も高価になります。

http://journalstar.com/lifestyles/home-and-garden/article_82d10f5c-bcdc-5f4e-8319-5fa865dffc14.html
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
人工光が小鳥の繁殖行動に影響
2010.12.13 Washington Post
 ドイツの科学者によると、アオガラ(小鳥の一種)のオスは光害によって繁殖行動におけるアドバンテージを得ている、という。森の端、街灯に照らされた道路の近くに住む個体は、森の中心部に住む個体よりも、より多くのメスと交尾することに成功していた。環境の明暗のリズムが行動に影響することから、街灯の明るさによって夜明けのさえずりをより早い時間に行っているため、と科学者は考えている。アオガラは通常は特定のパートナーを持つ種であるが、オスはしばしばパートナー以外とも交尾を行う。
 研究では、光源から50ヤード以内に住む個体は、平均3分早くさえずりを始め、パートナー以外の個体との間に子をもうける割合が2倍高かった。特に大人のオスが、人工光の影響を強く受けていた。

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/12/13/AR2010121304640.html

 たとえ特定の個体にとって人工光の存在がプラスの作用となっても、生態系全体のバランスで見ればマイナスの作用であると考えられます。人工光から恩恵を得ているのは人間だけ、と私は考えています。(人体への影響も考えると、人間にとっても恩恵と言えないのかも知れません)
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
屋外照明を減灯する動きが広がる-アメリカ
2010.12.31 USA TODAY
 アメリカで広がっている屋外照明を消す動きが、思わぬ方面から支持を得ている。保護論者や建築者だけでなく、都市設計者や軍隊からも。
 光害防止条例は、約300もの郡や市や町で制定されている。ここ2年で50以上の議案が州に提出され、うち7つはすでに成立した。近年では、アリゾナ・アーカンソー・カリフォルニア・コロラド・コネチカット・ハワイ・メイン・ミネソタ・ミズーリ・ニューハンプシャー・ニューメキシコ・ニューヨーク・オクラホマ・ロードアイランド・テキサス・バーモント・バージニア・ワイオミングの18州で採択された。テキサス州では、アフガニスタンの僻地を想定した軍の訓練をする上で、人工光のない環境が歓迎された。
 IDAトップのBob Parks曰く「光害は広く環境に関わる問題であると同時に、安全性に関わる問題である。エネルギーとお金の浪費であり、CO2排出にも繋がっている。」先日行われた米国地球物理学連合の会合では、都市部のスカイグロー(夜空に漏れた光)は空気中の微粒子の化学反応に干渉し、大気汚染を進行させることが発表された。
 バージニア州フェアファックス(Fairfax)郡では、2003年に条例ができた。「隣家の窓まで照らしていた照明を改善させ、グレア・光侵入・過剰照明を減らし、安全性とエネルギー削減を目指した。」郡は、条例をさらに厳しいものにする方向で進めている。
 小規模な町のほうが、条例に積極的である。ニューヨーク州サウサンプトン(Southampton)では、2年以上にわたる環境論者と(安全性を懸念する)市民の論争の末、最近条例が可決された。条例では、屋外照明のワット数と点灯時間の上限が決められている。

http://www.usatoday.com/news/nation/environment/2010-12-29-light-pollution_N.htm?loc=interstitialskip#uslPageReturn
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
鳥が大量死、花火の光が原因の可能性も-アメリカ
2011.01.03 朝日新聞
 アーカンソー州で約5,000羽の鳥が落下して死んでいるのが見つかった。雷やひょうに打たれた可能性の他、大晦日に打ち上げられた花火の光や音がストレスとなった可能性もある。

http://www.asahi.com/international/update/0103/TKY201101030044.html

 本当に死の原因になったかはわかりませんが、花火大会の光と音は、野生生物にとって夜の静寂を切り裂く恐怖・ストレスになっていることは間違いないと思います。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
照明用有機ELパネルを発売
2010.11.10 Lumiotec
 Lumiotec社は、照明用有機ELパネルを世界で初めて量産出荷する。

http://www.lumiotec.com/activity/10/nr11.html

 面発光・薄型・軽量・省エネルギーなどの特徴をもつ有機ELは、LEDの次の世代の照明と言われています。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit